審査項目と返済能力の関係

キャッシングを申し込む際には、申込者から提供された信用情報について、審査が行われます。信用情報とは、年収や職業、雇用形態や勤務先、持ち家の有無や扶養親族の有無、他の借入状況など、お金と返済能力に関する事柄です。

それぞれの審査項目が、返済能力にどのような影響を与えるかを見ていきます。実際にはこれらの影響度合いを総合的に評価し、キャッシングの可否や利用限度額がいくらになるかが決定されます。

まず、年収は高いほど返済能力が高く、低いほど返済能力は低くなります。次に職業や雇用形態については、収入が不安定な自営業者やアルバイト、雇用関係が不安定な派遣社員や契約社員は返済能力が低く、身分が安定し収入が安定している正社員は返済能力が高いと判断されます。

勤務先については、一般的には知名度が高く経営体力がある上場企業や、規模の大きな企業に勤務していると返済能力が高く、零細企業などの場合は返済能力が低いとされます。持ち家がある場合は資産があり、どうしても返済できなければ家を売却することができるため、返済能力が高いと判断されます。

扶養親族は人数が多いほど、収入に対する支出割合が増えるため、返済能力は低いという判断がされるのです。

キャッシングの4つの手順

キャッシングを利用するには大きく4つの手順が必要とされています。まず第一段階は申し込みをすることです。当たり前のことですが、金融業者は消費者がサービスを欲していることを知らず、消費者が求めてこなければアクションを起こすことができません。

そして、第二段階は金融業者による審査です。ほとんどのケースは金融業者と消費者は赤の他人です。その赤の他人にお金を貸すからには、どれだけ社会的信用があるのか調べて貸すべきかどうかを見極めるのです。消費者にとってはここが一番のハードルとなります。

第三段階はキャッシングの受け取りです。金融業者の店舗に行ってサービスを利用するなら現金での受け取りもできるでしょうが、ほとんどのケースは銀行口座への振込みとなります。

基本的にはキャッシングはここまでですが、忘れてはいけないのが第四段階です。それは返済です。借りたものは返すというのは社会の中では当然の道理です。この道理を忘れてしまったら、次にサービスを利用するとき審査で落とされてしまう可能性が高まります。

このように大きく4つの手順があり、具体的な内容についてはそれぞれの金融業者やサービスプランによって違いがあるのです。

安心出来るキャッシングの会社

いざという時のために、キャッシングが出来るカードを、一枚発行しておけば便利だと思います。しかし初めての方の場合、たくさんあるカード会社の中から、どこを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そういった時には、銀行系と呼ばれるカード会社を選ぶと良いです。銀行系のカード会社とは、信用を築き上げてきた実績がある大手の会社がほとんどでして、安心して利用出来るシステムになっております。

もちろん審査があり、カード発行までのフローがしっかりしているので、場合によっては発行までにちょっと時間がかかるかもしれません。万が一手続きをするための申し込み書面、またはオンラインでの記入事項に不備がありますと、すぐに返ってくる可能額があるので注意しましょう。

スムーズに手続きをするためにも、必要事項の記入は正確に不備がないように確認が必要です。

キャッシングをしてから必ず返済しますが、業者自体の信用が高いのでちょっとでも延滞すると、後々借りられなくなる場合もあります。そのようなことがないように、きちんと期限内に借り入れたお金を返済するようにしましょう。

銀行系は銀行で運営しているということではありませんが、やはり大手ということでもあり、カード会社がなくなるという心配もないと思います。